07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011.06.05 (Sun)

晴れた~。

昨日の夜、すごい雷と大雨だったので、今日のお出かけは無理かなぁって思ってたのですが、
朝起きたら、とってもいい天気になってました


なので、急いで洗濯して(って洗濯機が洗濯するんですけど)、朝ご飯食べて、
洗濯物を干して、お出かけの準備をして出発


グーグルのルートだと3時間ぐらいかかるって出てたのですが、
車のナビをセットしたら2時間もかからない時間が出てきた


どれくらいかかるのかな~と走ってたら、2時間弱で見えてきた~
見えてきた
わかりますかね~真ん中らへんの山の斜面がピンク色になってるの。


薄いピンクや濃いピンク、白の芝桜が斜面を埋め尽くして満開でした
芝桜


中には牛さんの絵になってる所も~
牛の絵になってる


残念ながら、公園(東藻琴芝桜公園)内はペットの入場は禁止
なので、駐車場の所で記念?撮影と思ったら。。。
ヘリコプターが
上空から芝桜を見るヘリコプターの遊覧っていうのがあって、
けっこう頻繁にヘリコプターが上空を飛ぶので、なかなかこっちを見てくれず


なんとかこっちを見た瞬間に
これが限界
欲を言えば、ノボリの下の方がちょっと見えないのが残念かな

この写真を撮ろうとしてる時、小さい子がこっちの方に来ようとしてたのですが、
傍にいたおばあちゃん?が「行っちゃダメ!齧られるよ!」って。。。
瑠璃も琥珀も人を噛んだことなんてありませんけど!?
大きさが大きさなので「怖い」って言われるのは仕方がないと思ってますけど、
勝手に「齧る」って決めつけられるのはちょっとねぇ。。。



そろそろ時期も終わりなのと、天気が良かったのもあってか人がいっぱいだったので、
瑠璃と琥珀は車で待っててもらって、私は売店を物色(笑)しに
そしたらこんなポスター?を見つけちゃいました。
ご当地ソフトは


ご当地ソフトは食べないわけにはいかないでしょ~(笑)ってことで
食べなきゃね
ポスターの写真ほどピンクではなく、うっすらピンク色。
そしてポスターに書いてある通り、ほんのり塩味。なかなか美味しかったです
もちろん、瑠璃と琥珀も一緒に食べましたよ~。
あ、琥珀は瑠璃の勢いに負けて、ちょびっとしか食べれませんでしたけど(笑)


東藻琴から帰る途中、ちょっと寄り道して屈斜路湖の砂湯に行ってみました
屈斜路湖の砂湯
ここは前にあいさんとのんのと一緒に来たことがあるんですよね~。
(その時はまだ琥珀は産まれてなかった)


砂湯と言えばクッシー(笑)
くっしー
(あ、クッシーの頭が入りきってなかった)

クッシーに琥珀がびびるかと思ってたんですけど、意外と平気だったなぁ。
クッシーよりも他の観光客の人にびびってたかも


前に砂湯に来た時に気になってたコレ
ピスタチオ!?


どうしようか悩んだんですけど、買っちゃいました(笑)
び、びみょー
ピスタチオと言われれば、ピスタチオって感じかな


思ってたより散歩できなかったから、帰りに丸山公園に散歩に行ったんですけど、
野球の練習をしてる人がいたり、中学生ぐらい?の男の子が遊具の所で、
がっしゃんがっしゃん遊んでて、キャッチボールの音や聞きなれない音にびびる琥珀が、
「もう帰る~」ってなったので、ほとんど散歩できずに帰ってきちゃいました


さて、明日からは仕事だ~。
明日からの週はなんだかんだとイベント(予定?)が。。。
仕事絡みでちょっと不安というか心配なのもあるんですよね~。
でも週末にはお楽しみが待ってるので、それを励みに頑張ろうっと
18:55  |  休日  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

芝桜、キレイだったでしょ~!
私行ったとき、すごい風で・・・砂埃が舞い・・・
ちゃんと晴れた日に、また行きたいです~。
私も週末の楽しみのために、あと1週間頑張ります!
そのこと含め、ちょっとお願い?したいことがあるから、今度メールします~。
あい |  2011.06.06(Mon) 19:59 |  URL |  【コメント編集】

☆お返事☆

○あいさん
 芝桜、キレイでした~(^-^)
 風はそれほどでもなかったんですが、時々ぽつぽつ雨が降って来てました(^^;)
 週末を楽しみに頑張りましょうね!
 お願い?なんだろ~。メール待ってま~す(^-^)
翠紅 |  2011.06.06(Mon) 23:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |